読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インフルエンザワクチン、3価から4価へ


f:id:syunsukesuprise:20151002105803j:plain


これまでインフルエンザ予防接種に使用されてきたワクチンはA型が2種類、B型が1種類という3価ワクチンだった。内容はA型が香港型H3N2と新型インフルエンザH1N1型。そしてB型ワクチン1種。A型2+B型1=3 という訳だ。
さて、今年からこのワクチンにB型が1つ加わり A型2+B型2=4価ワクチンが採用される。B型ワクチンには「ビクトリア系統」と「山形系統」がある。通常1シーズンのB型ワクチンは、この2つのうち1つしか流行しないのでヒットすれば効果があるが違っていたら無駄な予防接種となってしまう。


f:id:syunsukesuprise:20151002105749j:plain


それが 「ビクトリア系統」と「山形系統」両方を備えた4価ワクチン採用の理由だ。よく「予防接種してもムダ」という声を聞くが僕自身はそうは思わない。従来より接種費用が1.5倍になるものの、今回の4価ワクチンの採用で予防拡大が期待出来るのではないだろうか。