読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

内閣改造のポイント

f:id:syunsukesuprise:20151004115056j:plain


今月7日、安倍改造内閣が発表される。来年の参院選(もしかしたら衆参ダブル選)を見据えた人事になるだろう。ポイントは2つ。安全保障関連法案成立直後の防衛大臣選任と女性起用だ。現防衛大臣である中谷氏は先の国会での答弁の甘さから交代が予想される。


f:id:syunsukesuprise:20151004115105j:plain


「ヒゲの隊長」でお馴染みの佐藤正久氏を、という声も聞こえるが僕はピンと来ない。過去に同大臣を歴任した人が選ばれるのでは、というのが僕の勝手な見立てだ。具体名を挙げると森本敏氏、小野寺五典氏辺りか。
女性起用の注目はやはり稲田朋美政調会長だろう。ただ、目下「女性初の総理大臣」と言われている彼女に現状、どのポストが相応しいのか。官房長官財務相外相厚生労働相の椅子は既にほぼ留任が決まっている。穿った見方だが防衛大臣というのも適所とは思えない。となれば総務省法務省経済産業省という処だろうか。


f:id:syunsukesuprise:20151004115130j:plain


総裁選に一時は意欲的だった野田聖子氏、女性閣僚で唯一留任した高市早苗氏の今後も気になる。いずれにせよ、昨年の様な"つまらない政治献金規正法問題"、"うちわ問題"等、些末な事が無いよう、しっかりとした身体検査が必要だ。