読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ライドシェア」で新たなビジネスを確立


f:id:syunsukesuprise:20151026215932j:plain


 安倍総理大臣は今月20日、政府の国家戦略特区諮問会議で、一般のドライバーがマイカーに有料で客を乗せる「ライドシェア(相乗り)」を地域限定で認める意向を表明した。


f:id:syunsukesuprise:20151026215945j:plain


 僕は個人的に賛成だ。少子高齢化の現在、とりわけ過疎地ではバスの運行が激減し、自動車の運転が困難な高齢者の買い物、通院等に高運賃のタクシーを利用するより適している。外国人観光客へも、"おもてなし"の観点ではプラスになると思うからだ。


f:id:syunsukesuprise:20151026220230j:plain



 当然、タクシー業界は猛反発するだろう。2種免許の無い素人ドライバーに"白タク"を合法化させるなど怪しからんと。確かに運転技術面に懸念はあるとしても、タクシードライバーが大きく優れているとも思わない。彼等の過信から出る車線割り込み、前方車への煽り行為等も問題だ。
 自動車業界に詳しいジャーナリストの福田俊之氏がライドシェアに適したドライバーを挙げている。
「普段から旅館、施設で多くの客をマイクロバスで送迎している人や、宅配便の運転手などは運転技術もしっかりしているので最適。その他、各地に点在するカーディーラーやレンタカー業者なら、車も持っているし、メーカーの信頼もあるので、安心です」
 一味違うマイカーライフが確立出来ると思うのだが。


f:id:syunsukesuprise:20151026220736j:plain